空室状況カレンダーへ戻る

お日にち限定プラン

【料亭のおもてなしをお気軽に】曜日限定!ゆったりお気軽会席プラン♪

*【ロビー】2017年リニューアル!重厚感あるロビーへと生まれ変わりました。
お食事朝夕食付

○日曜~木曜限定の特別プラン!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


「料亭のおもてなしを身近に体験して頂きたい・・・」


そんなスタッフの願いから叶いました!

夕食の量はほどほど、お休みはふかふかのお布団でゆったりと。


当館・御花の国指定名勝「立花氏庭園」をはじめ

柳川に今なお点在する歴史と文化に触れる旅。

どうぞお気軽にお楽しみください。


▼このプランに該当するお部屋タイプ ※お部屋画像にマウスカーソルを重ねると大きな画像で確認できます。


【期間限定】★2/28まで★お手軽旅館体験プラン~1泊朝食付き~

【期間限定】★2/28まで★お手軽旅館体験プラン~1泊朝食付き~
対象期間2019/01/06~2019/02/28
お食事朝食付

┏━┓★

┃注┣┓ 2/28までの期間限定!

┗┳目┃ 朝食付きプランが<2,376円OFF>!

★┗━┛


当館自慢の朝食付きプランを今だけ特別価格でご案内!


旅館での宿泊をお手軽に体験してみませんか?

期間限定で旅館のおもてなし・食事を体験できるプランです。

ゆっくりとお休みいただいて、翌朝は御花自慢の朝食をお召し上がりください。


▼このプランに該当するお部屋タイプ ※お部屋画像にマウスカーソルを重ねると大きな画像で確認できます。


期間限定プラン

≪当館松濤園にて≫この季節限定の鴨の餌付け体験プラン♪【彩コース】

*【松濤園】冬場には飛来する野鴨が群れ遊ぶ見事な景観を見せます。
掲載期間2018/11/29 0:00~2019/02/10 24:00
対象期間2018/12/01~2019/02/10
お食事朝夕食付

┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓

┃季┃┃節┃┃限┃┃定┃◇鴨の餌付け体験プラン◇

┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

冬になると毎年シベリアからやってくる野生の鴨たち.…

この季節にしかできない【餌付け体験プラン】をご用意いたしました!


■餌付け体験時間:朝9時~10分程度

■体験場所:松濤園の池のほとり


※鴨の餌は当館でご用意しております。

多い時には20羽程度の鴨に会うことができます♪

朝の時間を鴨に癒されながら楽しくお過ごしくださいませ。




【期間限定】★2/28まで★お手軽旅館体験プラン~1泊朝食付き~

【期間限定】★2/28まで★お手軽旅館体験プラン~1泊朝食付き~
対象期間2019/01/06~2019/02/28
お食事朝食付

┏━┓★

┃注┣┓ 2/28までの期間限定!

┗┳目┃ 朝食付きプランが<2,376円OFF>!

★┗━┛


当館自慢の朝食付きプランを今だけ特別価格でご案内!


旅館での宿泊をお手軽に体験してみませんか?

期間限定で旅館のおもてなし・食事を体験できるプランです。

ゆっくりとお休みいただいて、翌朝は御花自慢の朝食をお召し上がりください。


▼このプランに該当するお部屋タイプ ※お部屋画像にマウスカーソルを重ねると大きな画像で確認できます。


特別室プラン

【贅】「贅」を尽くす。柳川和牛をメインに最上級の料亭料理の数々をご堪能ください<夕食は個室>

【贅コース】料理長が考え抜いた贅沢な会席コースです。至福のひと時をお楽しみください。
お食事朝夕食付

――― ご縁を咲かせる旅のお手伝い ―――


「御花」でしか見ることのできない景色


「御花」でしか味わうことのできないお料理


「御花」だからこそ感じていただける、おもてなしの心。


あなただけの特別な旅の時間を―――。



【極】非日常に身を置く一日。ここでしか味わえない安らぎのひと時を。<夕食は個室>

【蘭・極コース】肥後のあか牛ステーキとうなぎのセイロ蒸しつき。春の味をご賞味ください。
お食事朝夕食付

2017年7月より装いも新たに生まれ変わった、二つの特別室。

いずれも当館の最上階にあり、その美しい景観と

隅々まで配慮が行き届いた空間が織り成す非日常は

お客様を極上の寛ぎと安らぎへ誘います。



■黒椿の間 ~二間続きの和室

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

緑豊かな東庭園側の角にあり、窓の外には自然が広がります。

鳥のさえずりや木々のさざめきを聴きながら

癒しのひと時をお過ごしください。



■芍薬の間 ~特別和洋室

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日本庭園「松濤園」側の角にあり、松濤園はもちろん、

芝生が広がる東庭園と両方を見渡すことができます。

当館で最も眺めの良いお部屋で、優雅な一日をご堪能ください。



川下り付プラン

◇冬季限定◇「こたつ舟」で巡る川下りプラン♪<華コース>

・~川下り~お舟にゆられゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?
対象期間2018/12/01~2019/02/16
お食事朝夕食付

      ◇◇12月~2月限定◇◇


**--**---*--***--**---*--**-*


  ≪こたつ舟≫で城下町を巡る

   ~体ぽかぽかの川下り~


**--**---*--***--**---*--**-*


冬の柳川では、「こたつ舟」が運行。

火鉢を載せたこたつで心も体もホッコリ…

冬景色を楽しむ川くだりの旅はいかがでしょう。 


■期間:12月1日(金)~2018年2月27日(火)

※2/15~2/24は当プラン販売なし。


・営業時間:9:00~17:00

・運行区間:下百町~御花までの片道運航

・所要時間:約1時間


※ご注意※

○雨天時はコタツではなく、普通の川下りとなります。

予め、ご了承くださいませ。

○5歳~小学生のお子様については料金に含まれておりません。

 ご希望の方は当館にお問い合わせください(TEL 0944-73-2189)。



通年プラン

【料亭のおもてなしをお気軽に】曜日限定!ゆったりお気軽会席プラン♪

*【ロビー】2017年リニューアル!重厚感あるロビーへと生まれ変わりました。
お食事朝夕食付

○日曜~木曜限定の特別プラン!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


「料亭のおもてなしを身近に体験して頂きたい・・・」


そんなスタッフの願いから叶いました!

夕食の量はほどほど、お休みはふかふかのお布団でゆったりと。


当館・御花の国指定名勝「立花氏庭園」をはじめ

柳川に今なお点在する歴史と文化に触れる旅。

どうぞお気軽にお楽しみください。


▼このプランに該当するお部屋タイプ ※お部屋画像にマウスカーソルを重ねると大きな画像で確認できます。


【蘭】ワンランク上の美味しいを満喫。肥後あか牛や「有明海郷土料理」をいただくグレードアップコース。

【蘭・極コース】肥後のあか牛ステーキとうなぎのセイロ蒸しつき。春の味をご賞味ください。
お食事朝夕食付

こちらは、当館自慢の定番よりもさらにワンランク上の

【 特別 】をご堪能いただけるプランです。


ご夕食は、赤身が多くうま味とヘルシーさを兼ね備えた

「肥後あか牛のロースステーキ」をメインに、

有明海郷土料理の数々。

グルメなお客様にお応えする料理長一押しの会席コースです。


歴史ある柳川の食文化を守りながら創意工夫を凝らして

調理される絶品料理を是非ご堪能くださいませ。



【華】歴史とともに受け継がれてきた料亭の味を愉しむスタンダードコース。

【華コース】季節に合わせた食材と、ハーフサイズのうなぎのセイロ蒸しが入った会席コースです。
お食事朝夕食付

江戸時代より、柳川藩主立花家の邸宅だった「御花」。

柳川藩藩祖の立花宗茂以来、受け継がれた数々の収蔵品とともに

その歴史を継承しながら今に至ります。

また、現在は料亭旅館でもあり、本格会席料理として提供する

柳川名物「うなぎのセイロ蒸し」などの有明海の珍味は

多くのお客様にご満足いただいております。


非日常が織り成す、歓待の館。歴史情緒溢れる料亭旅館「御花」へ。

ここでしか味わえない体験をご堪能くださいませ。



【彩】料亭旅館『御花』の「味」と「おもてなし」をもっと身近に…

【口底の変わり揚げ】揚物でお出しする逸品です。
お食事朝夕食付

300年以上の歴史を今に受け継ぐ料亭旅館『御花』の

「味」と「おもてなし」をもっと身近に感じていただきたく、

開放的なダイニングにて月替わりの会席料理を

気軽にお愉しみいただけるプランです。

料理長がこだわりを持って選んだ新鮮な海の幸・山の幸を

ふんだんに用いて創意工夫を凝らした四季折々の料理をご堪能ください。



【朝食付き】有明海産の一枚海苔に炭酸豆腐など、驚きに満ちた当館自慢の朝ごはんで一日の活力を!

【朝食付き】有明海産の一枚海苔に炭酸豆腐など、驚きに満ちた当館自慢の朝ごはんで一日の活力を!
お食事朝食付

敷地全体が「立花氏庭園」として国の名勝に指定され
旅情をくすぐる水郷「柳川」のランドマークとしての顔を持つ御花。
そんな江戸時代から続く歴史情緒に時間いっぱい浸りたい方向けの
夕食なし・朝食付きのプランです。

正門をくぐると荘厳さに圧倒される西洋館をはじめとし、
御花の象徴でもある国指定名勝・立花氏庭園内の日本庭園「松濤園」、
さらには長い歴史を現在に伝える史料を展示した立花家史料館など
敷地内だけでも見所はたくさんございます。

300年もの時を経て、今なお咲き続けるおもてなしの心に
是非一度、足をお運びください。